安全走行に繋がるブレーキパッドとブレーキホースの確認

安全のためのブレーキ

世界中に数多くの愛好家を持つハーレーは日本でも人気が高く、世代を問わずハーレーライダーはたくさんいます。カスタムを始めとしたハーレーの様々な魅力の中で、比較的多くの人が挙げるのが走行です。颯爽と風を切って走る爽快感はバイクならではの醍醐味と言えます。

このツーリングを楽しむ上で欠かすことができないのが、走行前のブレーキパッドとホースの確認です。

ブレーキパッドはディスクブレーキに使用されるパーツの一つで、文字通り磨耗によってバイクのスピードを緩める役割を担っています。このパーツはブレーキを掛ける度に消耗して行き、限界を超えてしまうとブレーキが正常に働かなくなることもあるので気を付けなくてはいけません。
メーカなどによって若干の違いはありますが、通常ブレーキパッドには使用限界と呼ばれるマークが記載されていて、これが交換の目安です。ブレーキ性能を重視するのであれば、新品の状態から半分程度消費した段階で交換をすると、常に高い性能を維持することができます。

先ほども述べたように磨耗によって消耗して行くので、長距離ツーリングの前の確認で余裕がないと感じた場合は、安全のために新しい物に交換しておくことが大切です。

そしてブレーキパッドと合わせてブレーキホースの確認も忘れてはいけません。ホースはブレーキを掛ける時に必要なオイルをシリンダーからキャリパーに送るパーツで、パッドと同様にブレーキを掛けた時の圧力によって消耗していきます。そのため、長期間使用を続けるとホースが痛んでヒビが入ってしまって、そこからオイルが漏れてしまうこともあるので注意が必要です。

交換の目安は走行距離に換算して10万km前後と言われているため、ヒビ割れが見られなくても走行距離次第で早めに交換しておくことが望ましいと言えます。