ハーレーにハイオクガソリンが必要な理由と燃費を向上させるための工夫

ガソリンタンク

ハーレーは武骨で大きなボディに相応しい、パワフルな走りが魅力です。アメリカンバイクの代名詞とも言えるハーレーですが、その重厚で力強い走りを保つにはハイオクガソリンを選ぶ必要があります。
ハイオクガソリンはレギュラーガソリンよりも自己着火がしにくい特徴がありますが、この点がハーレーのエンジンに最適な理由です。ハーレーのエンジンは構造上、発生した熱が制御しにくいのでレギュラーガソリンを入れると自己着火のリスクが非常に高くなります。自己着火は燃費を著しく下げる他、走行中にエンジンが故障するおそれもあるので絶対に避けなければいけません。自己着火しにくいハイオクガソリンはハーレーを安全に走らせるのに欠かせない燃料と言えます。

ハーレーは同サイズのバイクの中では燃費が悪いイメージがあります。初期型のハーレーは燃費が非常に悪く、短距離の走行でも頻繁に給油が必要だったのは事実です。現在はエンジンの性能が向上し、パーツの軽量化も進んだことからハーレーだからと言って燃費が悪いとは言い切れません。しかし、ハーレーの車体は大きく、エンジンも長時間の走行を前提とした作りなので扱い方を誤ると燃料を無駄に消費してしまいます。ハーレーの燃費が悪くなる理由として発車と停車の繰り返しがあります。俗に街乗りと呼ばれる走り方で、信号機や標識による停車を何度も繰り返すことで燃料の消費量が増えてしまうのです。
同じ走行距離でも街乗りの方が燃料をより多く消費します。

また、ハーレーに装飾用のパーツを付けすぎるのも良くありません。車体が重くなる他、走行時に空気抵抗が大きくなります。これらの要因がエンジンに負担をかけ、燃料の余計な消費に繋がるのです。
ハーレーの燃費を向上させるには走行スタイルを見直すと共に、無駄なパーツを使わないのが効果的な対処法です。